ストーム4 キャラデータ【サスケ】 | ナルティメットな紫青活日記
ナルティメット最新情報 このブログについて サイトマップ
HOME YouTube   GE NARUTO関連その他発売予定表
ストーム4小ネタ・小技 ストーム4対戦動画 2 3 4 5

スポンサーリンク


HOME > ストーム4 > ストーム4 キャラデータ【サスケ】
 

ストーム4 キャラデータ【サスケ】


ストーム4 キャラデータ【サスケ】







THE LAST 輪廻写輪眼 永遠の万華鏡写輪眼 五影会談
 白装束/黒装束 少年篇:後期服/黒装束

使用可能条件
輪廻写輪眼:ストーリー「猛る疾風奔る迅雷」クリア/累計獲得金6000000両
THE LAST:ストーリー「うずまきナルト物語」クリア/累計獲得金9000000両
武者(永遠の万華鏡写輪眼):忍宝と交換
木ノ葉学園(永遠の万華鏡写輪眼):忍宝と交換
ナポレオン(永遠の万華鏡写輪眼):忍宝と交換
ナルトコスチューム(永遠の万華鏡写輪眼):忍宝と交換
着物(五影会談):忍宝と交換
スーツ(永遠の万華鏡写輪眼):DLCシカマル伝パック
放浪の忍=BORUTO(THE LAST):DLC我愛羅伝パック
ROAD TO BORUTO:ボルト伝「モモシキ現るクリア」
少年篇初期服(黒装束):DLCロードトゥボルトアップデートパック(ストーム4所持者の人)
ポンチョ(鷹):DLCロードトゥボルトアップデートパック(ストーム4所持者の人)
全バージョンで共通
サポートアクション:援護射撃
忍術カスタマイズ:火遁豪火球の術(BORUTOバージョンは例外)、千鳥
ナルトとの合体技について
【合体奥義1】輪廻写輪眼=六道仙人モード
【合体奥義2】THE LAST=THE LASTorBORUTO=BORUTO
【合体奥義3】ROAD TO BORUTO=ROAD TO BORUTO
【合体奥義4】上記と少年篇以外のバージョン同士
【合体覚醒】輪廻写輪眼、永遠の万華鏡写輪眼=六道仙人モード、クラマリンクモード
        ナルトとツーマンセルで組んだ時に連係覚醒すると可能
※基本的に条件が合っていれば時系列が異なっていても発動しますが映画バージョンのみ例外です
・鷹サスケとクラマリンクナルトで合体奥義4は可能
・永遠の万華鏡サスケと六道仙人ナルトで合体覚醒は可能
・LASTサスケとBORUTOナルトで合体奥義2は不可
・放浪の忍サスケとROAD TO BORUTOナルトで合体奥義3も不可



備考(ROAD TO BORUTO)

・ロードトゥボルトでの新キャラの一人
 既存のDLCコスチューム放浪の忍とは別でアクションは一新です
・他の忍術カスタマイズは炎遁豪火球の術、黒き千鳥、炎遁加具土命・飛燕、炎遁加具土命
 新忍術追加により最大忍術カスタマイズ数になるかと思われましたが
 火遁豪火球の術がカスタマイズ不可になった事によりカスタマイズ数自体に変更はありません
・管理人による紹介動画↓


解説

【基本攻撃】
最終バージョンとも言えるこのバージョンの攻撃も火遁、雷遁、輪廻眼の能力を網羅しています
また、ナルトと同じく他バージョンと似た攻撃も多く取り入れられています

地上コンボはLASTバージョンと同じく4段目が万象天引なので強力なコンボは健在です
チャクラ消費なしで繋げられるのは勿論、あらゆる攻撃で追撃出来るので
LASTバージョンと同じような戦い方が可能です

広範囲もそのままなので変わり身されて背後に回られても近付かれにくいです
相手が後方でヒットすれば〆まで発動できるのも同じです

通常と下コンボ〆は演出攻撃ですがLASTバージョンと違って
強引に決められるのは通常コンボの方になります
その為これを狙うなら通常コンボをしておくと強力でしょう

上コンボは空振りでも最後まで出せます
〆の黒炎による攻撃は動作が分かりづらくタイミングも少し遅いので
ガード中の相手に対してもすぐに反撃はされにくいです
射程は短いですが相手の方を向いたり範囲も広めです

空中コンボは鷹バージョンまでの空中コンボと似ています

中距離攻撃はLASTバージョンと同じ神羅天征。
性能も全く同じだと思うのでLASTバージョンと同じ感覚で使えます
・打ち返しに対応
・遠距離奥義は無効化できない

投げのきっかけ攻撃は輪廻写輪眼バージョンと似ています
コンボ変わり身後からでも決められヒット後は忍具で追撃出来ます

【奥義】
きっかけ攻撃は射撃攻撃で炎遁須佐能乎加具土命と似た攻撃です
遠距離に対応し至近距離でも当てられます
須佐能乎出現中も同様にチャクラダッシュや忍具等に対しての耐性があります

ヒット後はすぐジャンプすれば忍具を当てられます

【コンボ奥義】
連係奥義ともにコンボ4段目からニンジャムーブして行うのが良いでしょう
通常奥義はLASTバージョンよりもニンジャムーブから当てやすいです

ダメージを気にしない場合は2~4段目で奥義キャンセルでも可能です
連係奥義も可能で2.3段目時は早めに出しましょう

【忍術】
天手力・千鳥
このバージョンのみが使える忍術できっかけ攻撃は射撃攻撃です
終了後は相手に近付くので一応移動攻撃です

射撃攻撃かつ演出攻撃は貴重であり瞬間移動系の攻撃だからこその仕様とも言え
覚醒せずとも使えるのは特別仕様とも言えるでしょうか

ダウンさせるので忍具を当てられます
変わり身やガードされた際は終了後の隙が大きめなので注意しましょう

飛ばしてからリーダーチェンジするとその後の攻撃がありません
初めからサポート忍術の場合は接近しての攻撃もあります

既存忍術は新しくなったボイスや演出に変化があるもの等もあります
炎遁豪火球の術
LASTバージョンのデフォルト忍術と同じものです
黒き千鳥
輪廻写輪眼バージョンのデフォルト忍術と同じものです
演出時は右眼通常瞳、左眼輪廻眼となっています
炎遁加具土命・飛燕
永遠万華鏡写輪眼バージョンのデフォルト忍術と同じものです
炎遁加具土命
五影会談バージョンのデフォルト忍術と同じものです
千鳥
鷹バージョンのデフォルト忍術と同じものです
千鳥刀もコンボ4段目から繋げる事が可能
効果音が新しいものとなっています
分かりにくいですが演出中の瞳は途中から写輪眼と輪廻眼に変化しています

【覚醒】
完成体須佐能乎ですが手裏剣以外の攻撃が一新されています

コンボ初段はパンチになっているので範囲が狭くなりましたが〆は演出攻撃です
変更前の覚醒忍術千鳥が演出攻撃になった感じです
演出攻撃な為か3段目がヒットすれば以降変わり身されても〆を発動できヒットさせられる時があります

中距離攻撃は通常時と同じ神羅天征です
耐性面はそのままに須佐能乎状態での発動なので大きいですが範囲はそこまで広くはありません

ガード不能攻撃は須佐能乎状態での千鳥流しで
永遠万華鏡バージョンの覚醒中距離攻撃に似ています
同じく多段ヒット攻撃なので変わり身でも抜け出せにくいです
あちらと違いダウンさせ、防御性能は低いです

覚醒忍術は忍術カスタマイズにもある炎遁加具土命で
エフェクトは輪廻写輪眼バージョンの中距離攻撃や過去作でも見られた細めの黒炎です
こちらは射程が延び遠距離にも対応しています


対策など

コンボ4段目はLASTバージョン4段目を出される前に変わり身してすぐにチャクラダッシュで反撃したり
変わり身後に相手の4段目に合わせて当身も成功しやすいです
ただ、当身は移動で近付く必要があり発動が遅いと先に4段目を被弾してしまう場合があります

巨大覚醒対策
コンボは4段目の千鳥をガードすれば強引に決められる事はありません
ただ、3段目を受けてからの変わり身が遅いとガードよりも先に食らってしまいます
また、左スティックによる変わり身で4段目が空振りになっても演出に入り
ダメージを受けてしまうので気を付けましょう



備考(THE LAST)

・映画仕様のサスケ
・DLCコスチュームであるBORUTOバージョンはイラストを始め、ポーズが少し違ったり
 デフォルトサポートがナルトのみになる等、見た目以外も変更箇所があります
・他の忍術カスタマイズは炎遁豪火球の術、黒き千鳥、炎遁加具土命・飛燕、炎遁加具土命
・管理人による紹介動画↓


解説

【基本攻撃】
地上コンボは4段目に万象天引が入っており性能も長門等と同じなので非常に強力です
すぐに発動は出来ませんがコンボなのでジャンプ等でキャンセルすれば
あらゆる攻撃で追撃も容易です

4段目で止めて再度コンボ4段目まで行い止める、これを繰り返すだけでチャクラ消費なしで繋げられます
どの忍術も当てやすく、素早く出せれば溜め忍術である千鳥刀も当てられます
その為派生する場合は4段目でキャンセルが基本になるでしょう

リーダーチェンジで切り替わったキャラによっては奥義も決められます

汎用性の高いコンボ4段目ですが万象天引は広範囲でもあるので
変わり身されて背後に回られても近付かれにくいです
変わり身だけでは当たりませんが変わり身からすぐ近付いてきた相手には当てられます

この時に上コンボ下コンボは相手が後方で4段目がヒットすれば〆まで発動できます
下コンボは演出になるので強引に決められます
その為特にこだわりが無ければ下コンボをしておくと強力でしょう
上コンボも場所によっては決まるでしょうか

上コンボ〆はアクセル2での溜め千鳥を彷彿させる高速攻撃。
途中でキャンセルチャクラバックダッシュすれば受け身出来ないと思うので
リーダーチェンジすれば他の攻撃へ繋げられそうですが、空中コンボぐらいでしょうか
忍術や奥義を狙うには切り替えた後も〆を行ってもらう必要があるでしょう


中距離攻撃は中距離攻撃版の神羅天征。
中距離攻撃なので空中発動は出来ませんがチャクラを消費しないのでこれも強力です
打ち返しも対応しています

ただ、チャクラ消費無しだからか耐性面は弱体化され忍術版より低く
日向の回転系と同じ耐性になっています(遠距離奥義は無効化できない)
相手の奥義とタイミングが重なったりした時はリーダーチェンジも有効です

少々出も遅いため注意です

投げは見た目ではそんなにリーチないように見えますが
コンボ変わり身後からでも届く距離あります
ヒット後は飛び忍具を当てる機会にもなります

【奥義】
突進によるきっかけ攻撃でヒット後は忍具を当てられます

【コンボ奥義】
コンボ4段目から行うのが良いでしょう
突進の都合上ジャンプからではガードされたり当たらない場合があるので
ニンジャムーブしてから奥義する方が安定すると思います

ダメージを気にしない場合は2.3段目でキャンセル奥義でも可能です
連係奥義は3段目からになるでしょう

【硬直発生】
下コンボ〆の演出前で当身キャンセルすると硬直が発生します

硬直時間は長くリーダーチェンジして切り替えたキャラで連係奥義が出来ます

ただ、コンボ4段目が高性能で硬直を発生させなくても派生は4段目からでも可能です

高性能な4段目、当てやすい下コンボ、さらには長い硬直も可能と
トップクラスのコンボと言えるでしょう

【忍術】
腕の影響により千鳥系は演出等が変更されています
炎遁豪火球の術
デフォルト忍術。
他の豪火球と違って速度が遅い分追尾性能が高くなっています
打ち返しと空中発動に対応しており黒炎だけではないので属性効果もあります

炎遁でもあるので相殺力も一般の遠距離忍術より高いです
火遁と炎遁 両方の効果を持っている忍術です
また、複数ヒットなので同じ方向に変わり身すると変わり身してもヒットします

黒き千鳥
輪廻写輪眼バージョンのデフォルト忍術と同じものです
炎遁加具土命・飛燕
永遠万華鏡写輪眼バージョンのデフォルト忍術と同じものです
炎遁加具土命
五影会談バージョンのデフォルト忍術と同じものです
火遁豪火球の術
白装束・黒装束バージョンのデフォルト忍術と同じものです
千鳥
鷹バージョンのデフォルト忍術と同じものです
千鳥刀もコンボ4段目から繋げる事が可能

【覚醒】
輪廻写輪眼バージョンと同じ完成体須佐能乎
攻撃等も全く同じだと思います

覚醒忍術
多段ヒットなので変わり身されても当てられる場合があります


対策など

コンボ4段目は4段目を出される前に変わり身してすぐにチャクラダッシュで反撃したり
変わり身後に相手の4段目に合わせて当身も成功しやすいです
ただ、当身は移動で近付く必要があり発動が遅いと先に4段目を被弾してしまう場合があります

巨大覚醒対策
忍術は左スティックを押さずに変わり身する方が抜け出せやすいです
変わり身ボタンのみでも少し当たる場合もあるので注意です
左スティックを押して変わり身しても問題ない時もあります



備考(輪廻写輪眼)

・他の忍術カスタマイズは炎遁豪火球の術、黒き千鳥、炎遁加具土命・飛燕、炎遁加具土命
・奥義カスタマイズは建御雷神、炎遁須佐能乎加具土命
・ナルト、サイとの合体奥義はこのバージョンのみ対応
 木ノ葉丸と違って対応する女性キャラそれぞれ反応が違います
・DLC我愛羅伝にて使えるイタチとの合体奥義はこのバージョンのみが対応
・管理人による紹介動画↓


解説

【基本攻撃】
上コンボ5段目は受け身しにくい打ち上げです
高さは低めなので他の攻撃で追撃する場合は早めにしましょう

上下コンボ〆は範囲が広めの攻撃で後方の相手にも当てられます
特に上コンボの方が当たりやすいです

中距離攻撃は忍術の炎遁加具土命に似た攻撃です
文字通り射程は中距離程で過去作のようなエフェクトです

長めの怯みなので近距離ではそのままコンボに移行したり
リーダーチェンジでも追撃出来ます

投げはエフェクトが大きめのきっかけ攻撃で範囲も広めです
リーチはそんなに長くありませんが効果時間も長めです

【奥義】
建御雷神
きっかけ攻撃は相手の場所へ直接攻撃するタイプです
距離に関係なく攻撃でき、攻撃時間が長めなのも特徴です
発動は遅めなのでコンボ奥義には不向きです

ヒット後は忍具で追撃出来ます

相手に当てていない状態でエフェクト出現中に
リーダーチェンジするとエフェクトが消えずにそのまま残ります
繰り返せば永久に増やしていけますが判定はありません

ステージ一杯埋め尽くそうとすると重くなると思います

炎遁須佐能乎加具土命
永遠万華鏡写輪眼バージョンのデフォルト奥義と同じものです
コンボ奥義を狙う場合はこちらが良いでしょうか

【コンボ奥義】
炎遁須佐能乎加具土命か連係奥義の場合に可能だと思います
上コンボ5段目でニンジャムーブから繋げられます

キャンセル奥義の場合は2段目から繋げられますが
早めに出す必要があり、連係奥義は特に早く出しましょう

【忍術】
黒き千鳥
デフォルト忍術。
通常の千鳥と比べると追尾性能がほとんどなく直進なため弱体化しています

溜めると突進が瞬間移動になり相手の目の前へ移動するようになります
そのため相手の攻撃を回避しながら攻撃できます
ただ、溜め時間が長い事もあり奇襲としての効果は薄いです

属性効果、ガードキャンセルに対応しています

炎遁豪火球の術
THE LASTバージョンのデフォルト忍術と同じものです
炎遁加具土命・飛燕
永遠万華鏡写輪眼バージョンのデフォルト忍術と同じものです
炎遁加具土命
五影会談バージョンのデフォルト忍術と同じものです
火遁豪火球の術
白装束・黒装束バージョンのデフォルト忍術と同じものです
千鳥
鷹バージョンのデフォルト忍術と同じものです

【覚醒】
覚醒すると完成体須佐能乎となりアクションが一新されます

コンボ〆の炎は効果時間長めです

ガード不能攻撃は範囲小さめの攻撃です

覚醒忍術
多段ヒットなので変わり身されても当てられる場合があります


対策など

巨大覚醒対策
忍術は左スティックを押さずに変わり身する方が抜け出せやすいです
変わり身ボタンのみでも少し当たる場合もあるので注意です
左スティックを押して変わり身しても問題ない時もあります


備考(永遠の万華鏡写輪眼)

・他の忍術カスタマイズは炎遁加具土命・飛燕、炎遁加具土命
・奥義カスタマイズは炎遁須佐能乎加具土命、加具土命の剣
 後者はストーム3時に新登場したバージョンの奥義です
 奥義のみが復活でコンボ等は使えないままです
・覚醒は新しい須佐能乎となっており前作での須佐能乎は使えません
・管理人による紹介動画↓


解説

【基本攻撃】
コンボを狙った所まで出すには早めにボタン連打ぐらいで
控えめに入力していると途中で終了して途切れてしまいます

また、たまにコンボ中に滑るような動作になりながらコンボを繰り出す場合があります

上コンボ5段目と下コンボ5段目は受け身出来ないと思うので他の攻撃で追撃可能です
上コンボ5段目は後方にも判定があるので変わり身→チャクラダッシュされても巻き込む場合があります

空中コンボはリーチが長めなのでコンボの途中から空中コンボに移行しても大体繋がると思います

中距離攻撃は遠距離攻撃として使えます
当たった相手の怯みも長い方なので追撃も可能です
また、須佐能乎出現中は手裏剣や忍具等の弱めの飛び道具、
チャクラダッシュは効かないので攻防一体の技です

投げはリーチも長めでヒット後は忍具等で追撃できる他
相手が動けるようになるまでの時間も長いです

【忍術】
炎遁加具土命・飛燕
このバージョンからの新忍術。
黒炎を斬撃のように飛ばす射撃忍術で射程は結構あります

他の忍術と違って空中発動にも対応しています
空中発動時は射程が近距離~中距離になります

炎遁加具土命
五影会談バージョンのデフォルト忍術と同じものです
火遁豪火球の術
白装束・黒装束バージョンのデフォルト忍術と同じものです
千鳥
鷹バージョンのデフォルト忍術と同じものです

【奥義】
炎遁須佐能乎加具土命
きっかけ攻撃は中距離攻撃と似ており同じくチャクラダッシュや忍具なども防げる攻防一体の技です
加具土命の剣
ストーム3でのみ使用出来ていた奥義。こちらは近距離タイプです
一般的な耐性もありますがストーム3と比べると弱体化しています
右側付近は真横まで範囲が及びます

【コンボ奥義】
上コンボと下コンボ5段目からニンジャムーブして繋げる事が出来ます
2つの奥義両方とも可能です

下コンボ5段目の方が高さあるのでやり易いです
連係奥義の場合は下コンボの方からニンジャムーブで繋げられますが少し難しいです

キャンセル奥義の場合はコンボ2段目の1段回目付近で出すのが決めやすいです
これも2つの奥義、連係奥義も可能ですが連係奥義の場合はとにかく早く出す必要があります

上コンボ5段目からでも可能です
連係奥義も可能ですがこれも早く出す必要があります

おそらく下コンボ5段目はキャンセル奥義出来ないので自身による奥義追撃は出来ないと思います
下コンボ5段目から奥義に繋げたい場合はリーダーチェンジを使った方が良いでしょう
リーダーチェンジで5段目まで行ってもらい切り替えたキャラで奥義します

【覚醒】
前作とは違って新しい覚醒です
中距離攻撃は壁にもなるこれも攻防一体の攻撃です
壁としては一般の遠距離奥義も防ぎ、
攻撃面ではヒット数が多いため変わり身を複数回減らせる場合もあります


対策など

巨大覚醒対策


備考(五影会談)

・新キャラではありませんが今作では独立して新たな枠に。
・他の忍術カスタマイズは炎遁加具土命
・管理人による紹介動画↓


解説

【基本攻撃】
上コンボ5段目は受け身しにくい打ち上げです
高さは低めで真上に打ち上げる訳でもないので少し追撃が難しいですが
他の攻撃で追撃する場合は早めにしましょう

中距離攻撃は須佐能乎による攻撃で2ヒット攻撃です
吹っ飛ばすので打ち返しに対応しています
攻撃の仕様上右側は範囲広めです

投げはリーチ長めでヒット後は忍具を当てる機会に。

【忍術】
炎遁加具土命
デフォルト忍術
中距離~遠距離の射撃忍術です

打ち返しには対応していますが属性効果には対応していません
その分炎遁である黒炎は一般の射撃忍術より相殺力が高いので相手の忍術を消しながら攻撃できます
また、複数ヒットなので変わり身してすぐチャクラダッシュしてきた相手にも有効です
火遁豪火球の術
白装束・黒装束バージョンのデフォルト忍術と同じものです
千鳥
鷹バージョンのデフォルト忍術と同じものです

【奥義】
きっかけ攻撃は相手の場所へ直接攻撃するタイプです
奥義の前後は隙があります

終了後に吹っ飛ばす奥義なのでリングアウトが狙えます
ヒット後の隙は通常奥義時のみチャクラダッシュ系や再度奥義、リーダーチェンジで消す事が可能です

【コンボ奥義】
連係奥義の場合に可能だと思います
上コンボ5段目からニンジャムーブで繋げられますが
後方へニンジャムーブした方が当てやすいかもしれません

キャンセル奥義だと2段目から決められます
早く出しましょう

【覚醒】
覚醒するとほとんどの攻撃が一新されます
覚醒という限定状態ですがアップデート1.07にて結構な弱体化を受けています

コンボは範囲が広かった攻撃ですが判定が弱体化され、ほぼ真正面のみになっています
初段の怯みも弱体化されています

一部だけ遠距離対応のコンボが混じっています

中距離攻撃は遠距離対応の射撃攻撃です
ダウン中の相手にも与えられます

ガード不能攻撃は受け身しにくい打ち上げです
追撃は難しいですが少し下がると中距離攻撃で追撃出来る場合があります

アップデート1.07にて打ち上げ高さが低くなりました
以前は他にない高さの打ち上げ攻撃でした

覚醒忍術は炎遁加具土命で固定です


対策など

巨大覚醒対策



備考(鷹)

・管理人による紹介動画↓


解説

【基本攻撃】
上コンボ5段目と下コンボ6段目は受け身しにくい打ち上げです
他の攻撃へ繋げやすくニンジャムーブでキャンセルして奥義や忍術に繋げる事が出来ます
忍術によっては決めにくい場合がありますが
ジャンプやガードブレイクアタックも混ぜると当てやすくなります

空中コンボ〆は自身も地上へ降りるのですぐにチャクラアクションで次の行動に移れます
ダウン中の相手にも当てられる忍術で追撃するのも有効でしょう

初段は低い位置で出すと地上に着地する場合があり、そのまま地上コンボへと移行できます

中距離攻撃は千鳥の2段階攻撃です
初段を当てると2段目を出せ吹っ飛ばします
〆は吹っ飛ばすので打ち返しに対応しています

アップデート1.07にて大きな変更になった中距離攻撃です

2段目を入力した瞬間ぐらいにリーダーチェンジすると硬直時間が発生します
連係奥義も決められます

投げはリーチが長めです
コンボ変わり身後からでも決められる場合があります

【奥義】
天照によるきっかけ攻撃で速度は早いです
中距離程の射程です

【コンボ奥義】
上コンボ5段目、下コンボ6段目でニンジャムーブして繋げられますが
少々当てにくいです
連係奥義も同様に繋げられ連係奥義の方が当てやすいかもしれません

キャンセル奥義の場合は3段目から連係奥義ともに繋がります

【忍術】
忍術カスタマイズの豪火球の術は白装束・黒装束バージョンのデフォルト忍術と同じものです
その為どちらの忍術も溜めで強化忍術になります
また、どちらも属性効果に対応しています
千鳥
突進忍術で突進距離、追尾性能高いです
ガードキャンセルにも対応しています
サポート忍術の場合ガードされても効果時間が長いです
ヒット数が複数のため変わり身されても当てられる場合があります

強化忍術千鳥刀はジグザグ移動ですが追尾性能が消えるので当てにくいでしょうか
威力は低いですがガードブレイクアタック後にすぐ行う事で当てる事ができます
吹っ飛ばしますが打ち返し非対応です

【覚醒】
覚醒時は忍術が変わります
忍術カスタマイズしていても覚醒忍術は天照で固定です
使用後の隙をリーダーチェンジで消すのも有効でしょう

またその他にもニンジャムーブの性能(主に後方)がアップしたり
コンボも刀に雷遁が付与されます
地上コンボの上と下どちらも受け身出来る(旧作仕様)様になります
(それが原因で前作では〆が繋がらなくなっていましたが解消されています)

アップデート1.07にて受け身しにくくなっています
元々受け身されても決められるようになっていたので
別に修正する必要は無さそうでしたが変更されました

【天照】
奥義のきっかけ攻撃である天照はスピードが早い分、効果時間は短く
覚醒忍術での天照はスピードが遅めの分、効果時間が長いです
忍術天照はスピードが遅いと言っても一般の移動よりは早いです

追尾性能も忍術天照の方が高く、奥義の方は距離によっては当てにくいです


対策など

覚醒忍術の天照はガード以外の避ける手段としてリーダーチェンジがあります



備考(白装束・黒装束)

・奥義カスタマイズは麒麟と千鳥真槍
・両バージョンともカスタマイズは共通なので違いは衣装のみです
・管理人による紹介動画↓


解説

【基本攻撃】
下コンボ5段目は怯みが長いため様々な攻撃へ繋げられます
奥義や忍術へと繋げる事も可能ですが、再度コンボにも繋げる事が出来ます
下コンボ5段目でジャンプして再度コンボを5段目までしてジャンプ...を繰り返せば
チャクラを消費せず攻められ続け、相手はガード出来ないため強力です

空中コンボの〆は自身も地上へ降りるのですぐにチャクラアクションで次の行動に移れます
ダウン中の相手にも当てられる忍術で追撃するのも有効でしょう

中距離攻撃〆は相手を空中へ打ち上げ、自身も空中へ移動します
そのままダッシュ系で空中コンボへ繋げられます

受け身が無ければ忍術等でも追撃可能となります

投げはヒット後、忍具を当てる機会に。
忍術が千鳥なら起き上がり中の相手に発動しておくのも中々有効かもしれません

【忍術】
忍術カスタマイズの千鳥は鷹バージョンのデフォルト忍術と同じものです
その為どちらの忍術も溜めで強化忍術になります
また、どちらも属性効果に対応しています
射撃忍術と突進忍術なので近距離と遠距離でうまく分けられ戦えます

火遁豪火球の術
射撃忍術なので遠距離対応です
技の出の早さ、球の早さも早めです
打ち返しにも対応しています

溜めると2発放つようになり強化されます
球自体も変わり直進でもなくなるので近くで当てるのは難しくなります
また、2発全て当てるのも難しいです

千鳥
鷹バージョンのデフォルト忍術です
今作でついにこのバージョンで忍術千鳥が使えるようになりました
演出時には呪印も見る事が出来ます

【奥義】
忍術と同じく射撃奥義と突進奥義が揃っています
麒麟
きっかけ攻撃は相手の場所に直接攻撃するタイプなので距離や壁の影響を受けません
さらには3回雷を落とすので似たタイプの奥義よりも優秀です
ただ、移動で避けれるのは変わりなく必ず3回なので外した時の隙はこちらのが大きいです

ヒット後はジャンプして近付けば起爆札を当てられます

千鳥真槍
こちらは突進系で麒麟より発生が早いためコンボ中に行う場合はこちらの方が当てやすいです
近距離、遠距離戦やコンボ奥義を重視する場合等で差別化していきましょう

【コンボ奥義】
下コンボ5段目でニンジャムーブして行うと奥義、連係奥義ともに繋がります
麒麟の場合はニンジャムーブしてすぐ出す必要があるので千鳥真槍より難度高いです

キャンセル奥義の場合はコンボ3段目で出すのが決めやすいです
2つの奥義と連係奥義ともに可能です

【覚醒】
覚醒するとアクションが一新されます

中距離攻撃は出が早めなので出の早い突進攻撃として使えます
2段目を入力した瞬間ぐらいにリーダーチェンジしても2段目は行います
突進中のサポート忍術は空中忍術にもなります

覚醒忍術
範囲はそれなりにあるものの相手に攻撃するまでが非常に長く当てにくいのが最大の難点です
ガードブレイクアタックは使えず、今作の当身は吹き飛ばすので普通に出しても当てるのは難しいでしょう
ただその分リーダーチェンジがきたのでサポート忍術として使用し
別のキャラでガードブレイクアタックを当てれば当てやすくなります

しかし、ヒットしてもダメージに波があり至近距離ではあまり威力がありません
中距離ぐらいで出した時にヒットがダメージ大きいです

空中発動可能ですが、空中で出した時が特に安定してダメージを与えられないと思いますが
アップデートにてだいぶ威力の方は解消されたかもしれません
当てにくい所があるのは変わらずです

忍術カスタマイズしていても固定です


攻撃どれもが空中へ移行するため
通常・覚醒ともに空中発動対応な忍術を持つペイン等とは相性良いです
中でも怯みの長い中距離攻撃、拘束力の高い特殊サポートも持つペインと長門は
当てにくい覚醒忍術の命中率アップにも繋がるため特に相性が良いと思います


対策など



BORUTOと少年篇を除く忍術紹介動画↓



備考(少年篇後期服・黒装束)

・両バージョンともカスタマイズは共通なので違う所は覚醒になります
・黒装束バージョンは今作でも覚醒時の手裏剣や忍具の耐性が付与されませんでしたが、
アップデートにて修正されました。
・管理人による紹介動画↓


解説

【中距離攻撃・投げ】
中距離攻撃は最大5回の連撃攻撃です
〆で吹き飛ばし打ち返し対応です
結構移動するので移動攻撃としても使えます

投げはヒット後早めに飛び忍具を投げると追撃できます。

【忍術】
2つとも属性効果に対応しています
千鳥
少年篇の千鳥は発動時に1回後退するのが特徴です
後退するので属性効果を狙う際は注意しましょう
発動時の場所ではなく後退した場所が水辺である必要があります
ガードキャンセルにも対応しています

火遁豪火球の術
こちらは射撃忍術なので遠距離対応です
技の出の早さ、球の早さも早めです
打ち返しにも対応しています

【奥義】
きっかけ攻撃は突進です
おそらくコンボ中に繋げるのが難しい為ガードブレイクアタックから当てるのがやりやすいです
奥義ヒット後は起爆札等で追撃出来ます

【覚醒】
後期服(青服)バージョンは覚醒するとアクションが一新されます
コンボはコマンド数多くなります
今作でも地上コンボは左スティックを左右に倒して行うと5段目で止まってしまうので注意しましょう

手裏剣の火遁は属性効果対応となっています
手軽に出せるものなので積極的に使っていきましょう
ムーブ手裏剣は1度行うと移動に移行するため他のキャラと比べてスムーズに行うのが難しいです

手裏剣では属性効果があるのに対しチャクラ手裏剣は属性効果非対応です
また、手裏剣もチャクラ手裏剣も地上で出すと隙が大きめなので空中で出す方が良いです
チャクラ手裏剣は火球が大きくなりますが発動後の隙も大きいです
基本的には通常手裏剣の方が使いやすいでしょう

手裏剣は当身で隙を消せますが打ち返しが発生する事はないので
自分の変わり身ゲージが多い時には有効とは言えないでしょう

覚醒忍術は千鳥で固定になり大きな後退もしなくなります
ガードキャンセルできなくなり、おそらく属性効果にも対応していません



対策など



※紹介動画、解説などは、あくまで管理人の独断に過ぎません。
 また、オンラインでは対人ということも忘れないように。

THE LAST 輪廻写輪眼 永遠の万華鏡写輪眼 五影会談
 白装束/黒装束 少年篇:後期服/黒装束




関連記事
・ナルティメットストーム4全キャラ一覧
・ナルティメットストーム4 主な新要素
・ナルティメットストーム4 前作からの変更点



スポンサーリンク

コメント(承認制です)。注意点などはこちら

トラックバック